ipodの使い方

MENU

ipodの使い方

iPodの使い方について詳しく紹介していきたいと思いますがまずiPodの使い方として音楽を聴くという場合には一番最初にiTunesをアップルの公式サイトからパソコンにダウンロードしなければいけません。
そしてパソコンにインストールをします。
そしてこのiTunesに曲を入れるのですがCDから音楽を入れたり取り込んでいきます。
CDから曲を入れるだけでなくオンライン上から音楽を購入することも可能です。
その後、iPodの使い方としてiTunesと同時に同期する必要があり、iTunesを起動させた状態でUSBケーブルをつないでパソコンと接続することになります。
これでつないでiPodに音楽が入りますから接続を解除すれば転送された音楽を聴くことができるようになります。
これがiPodの使い方の基本です。
そしてiPodの使い方としてCDのジャケットの情報や曲名などを送りたい場合にはまたパソコンからiTunes上でアートワークの登録をしてそれを同じ要領で先ほどのようにUSBでつないだ状態で転送すればiPodに転送されてアーとワークが見れるようになりますからiPodの使い方としてアートワークを表示させたい場合にはまずはパソコン上での操作が必要です。
iPodの使い方で写真を表示させたいという場合にはiPodの動機の画面で写真を選んで取り込みたいと思っている写真が入っているフォルダを選んでそのフォルダを転送すれば見ることができますが、みる際のiPodの使い方としてはメインメニューの画面に写真というのがあってそのフォトライブラリを選べば写真を見ることができます。